格安航空券で国内旅行する時の手荷物に注意

直前の方がむしろ料金は高くなってしまう

安かろう悪かろうというイメージでした直前の方がむしろ料金は高くなってしまう利用者の方の意識も変わらなければならない

でも格安航空ではそうしたサービスはすべて有料で、欲しい人だけが頼むというシステムで、それは手荷物に関しても同じです。
チケットの申し込みをする時に、手荷物の条件を確認し、重さもサイズも規定範囲なら機内に持ち込むことができるので、最もリーズナブルな料金で搭乗することができます。
ところが荷物が急きょ増えたりすると、事前に申し込んでおくよりもかなり割高な料金が加算されるようになるので、せっかく航空運賃が安く上がる予定だったものが、結構割高になって新幹線を利用するのとあまり変わらなくなってしまうケースもあります。
そして予約してみて驚いたのですが、希望する便に空きがあった場合、直前になる程料金が安くなるのだろうと思っていたのに、見事に裏切られました。
直前の方がむしろ料金は高くなってしまうようで、数日前に申し込めばもっと安く利用できたのに…という結果に悔しい思いをしました。
そして国内線を利用して手荷物を預けずに機内に持ち込むことにする場合、これまでのように機内でスタッフが頭上のバゲッジスペースに運んでくれるのではなく、自分たちで乗せなければなりません。