格安航空券で国内旅行する時の手荷物に注意

安かろう悪かろうというイメージでした

安かろう悪かろうというイメージでした直前の方がむしろ料金は高くなってしまう利用者の方の意識も変わらなければならない

安かろう悪かろうという言葉があります。
格安航空券にも何となくその言葉が当てはまるイメージを勝手に持ってしまっていました。
これまで飛行機を利用して国内や海外への旅行は何度も経験してきたのですが、格安航空券は使った事がなかったのです。
最低限数の飛行機の機体をフル活用して、無駄なくフライトスケジュールを組んでいて、少しでも途中でフライトに乱れが起こると、次々に押し出し式にフライトスケジュールが狂っていくと思い込み、最終便はへたをすると飛ばない事もあるのだから絶対に利用すべきではないといった意見がまことしやかに語られる状況だったのが格安航空を利用することでした。
でも、実際に利用してみて格安航空券はけしてそんなきちきちで無理のあるスケジュールを組んでいるのではない事もわかったし、何よりも最も大切な安全管理に最大の重きを置いていることが分かってから、考え方が大きく変わりました。
サービスは受けられるのが当たり前という感覚を捨て、必要なサービスはお金を払って希望する人だけが受けるというシステムにまず大いに納得できました。
これまで飛行機に乗ったらどんな要望にも美しいCAさんがにこやかに答えてくれるモノだと思っていたし、これまで飛行機に乗ったら何も言わなくても飲み物や軽食のサービスなどを当たり前のように受けてきました。

格安航空券 | 国内格安航空券の予約!格安航空券は格安トラベル!